新型コロナウィルス感染対策

いまだに新型コロナウィルスの収束が見られません。当院では以下の対策を行い犬猫の飼育をなさっている方々に注意喚起をお願いするとともに院内の消毒を常に行って診療を行っています。

厚生労働省、農林水産省、公益社団法人日本獣医師会、公益社団法人埼玉県獣医師会等の指導に基づく方針に従って診療を行っております。

①密集対策
待合室が混み合う場合には、外でお待ちいただくことがあります。状況によっては完全予約制とさせていただきます。

②密開対策
診察の合間にドアや窓の開放を行います。

③密接対策
事前問診で診療時の会話時間を短縮します。必要に応じて感染防御を行います。

④その他の対策

  • 診療時マスクの着用、必要に応じてフェイスシールドの着用を行います。
  • 入口(エントランス)にはアルコール等の消毒剤を置いてあります。
  • 室内は空気清浄機等の設置を行っています。
  • 適宜ドアノブやタッチパネルの消毒を行っています。

関連記事

  1. 腎臓病は見逃しやすい病気です。

  2. ワンマンプラクティス医療を実践しています

  3. サプリメント一覧

  4. 狂犬病予防注射が役所と同じ料金で受けられます。

  5. 狂犬病予防接種

  6. 口臭が気になったら?