歯周病に注意!

毎日寒い日が続いています。

ワンちゃんネコちゃんの寒さ対策はできていますか?

小さい時から眼の結膜の状態(まぶた上に引き上げて血管や色を確認する)や唇を開いて歯肉を観察することを1日1回は行ってください。

歯の表面は白く艶があり歯肉はピンク色、歯肉を指先で抑えて離した時ににすぐにピンク色に戻るかを確認してください。

歯垢が溜まって黄色くなったり歯石が溜まっていたり、歯肉炎(歯周病)が見つかれば早く治療が必要となります。

ワンちゃんネコちゃんの場合、全身麻酔をかけて歯垢・歯石をとるスケーリングを行ったり、歯周病の治療をします。

いよいよひどくなった場合は抜歯をしなくてはなりません。

そこで小さい時から歯磨きの習慣をつけると良いでしょう。

ペーストをつけてガーゼで磨いたり、歯磨きガムを噛ませたり、飲み水を混ぜて与えるものなどいろいろな方法があります。

1年に1度の健康診断の時ご相談ください。

歯周病を放っておくといろいろな内科的疾患を発症する恐れがあります。

どうぞお大事に!

関連記事

  1. お気軽にご相談ください

  2. サトウ・ニュータークリニック(併設)

  3. 狂犬病予防注射が役所と同じ料金で受けられます。

  4. マイクロチップ

  5. 口臭が気になったら?

  6. ノミ、ダニの駆除